子どもの頃カッコいいと思ったヘルパーに…でも、怖さで独り立ちができなかった新人時代

桜町聖ヨハネホーム
山根 愛

小学校低学年の頃、遠く離れて住んでいる私の祖父は認知症になり、たまに会ってもボォーとしておりなんだか怖い気がしました。そんな時に、ヘルパーの方が訪問下さり、入浴の介助をして下さいました。その時です、祖父は笑ったのです。私は、ヘルパーさんを見て「凄い、カッコいい!こんな人になりたい」と思いました。その後、高校を卒業しホームヘルパーの仕事に就きました。しかし、新人の私は全くカッコよくなかったです。ご家族の目の前でおむつ交換など身体介助・生活援助をしますが、「この子に任せて大丈夫?」という声なき声を肌で感じていました。先輩は「大丈夫よ、できているよ」と励まして下さいますが、先輩の同行がないと一人でご利用者の介助をするのは不安というより、怖かったです。教えられたことは忠実にこなせるようになっていましたが、ご利用者のやってほしいことが何かがわかっていても、そこにアレンジを加えるのが怖かったのです。ご利用者やご家族に早く認められたい、そう思いながら必死で仕事をしていました。「仕事はいいから話し相手になって」とご利用者に言われるようになって、仕事をしながらでも話し相手になれるようになり、新人時代が終わる頃から、少しは認められるようになってきたと感じるようになりました。

嬉しく思えるシーンが話しきれないほど多く、それを分かち合えるのがこの仕事の魅力

この仕事の魅力は、嬉しく思えるシーンは話しきれないほどたくさんあることです。例えば、ホーム見学に来られた方が、入所後、「あなたがいたからここに来たのよ」と言って下さったことがあります。たまたま、見学の際にごあいさつするタイミングがあっただけで、私のことをしっかり覚えて下さっていました。日常のことで言うと、ご利用者と目が合って笑ってもらえた時はホントに「この仕事をしていて良かった。」と思えます。それと、一人の力で成果を上げる仕事ではないので、とてもチームワークが大切です。だから、困難なケースに職員同士が力を合わせて乗り越えられた時は嬉しい気持ちを分かち合えます。チームワークは大切ですが、一人ひとりが自立することも大切です。私は、課題を抱えた時はまず感情を抑え、冷静になり、その原因を整理し、あやふやにしないように努めます。その上で、信頼できる人に相談しています。冷静になれない時は、バイクに乗ったり、好きなDVDを見て、いったん気分転換し、完全に仕事のことを考えないようにします。私が、この仕事をする上で大切にしているのは、決して自分が褒められるためにするのではなく、ご利用者を選ばず一人ひとりを大切にし、しっかりと受け止めることです。

新人が発言しやすい雰囲気づくりをし、遠慮なく相談しやすい職場にしていきたい

これからチャレンジしていきたいことはたくさんありますが、職員同士が今以上に発言しやすい雰囲気を作りたいです。具体的には、新人が発言しやすい、相談しやすい雰囲気ですね。新人はやはり遠慮がちになるので、職員同士のコミュニケーションもハードルが下がるようにしつこいほど話し掛けるようにしています。「大丈夫?、慣れましたか?」など私たちに質問しやすいように心配りしているつもりです。学びで言うと、できるだけ身体上の負担を減らし、いい介護ができるように介護技術を学びたいと思います。また、サービスマナーの大切さをもっと広めて、一緒に学んでいきたいです。ご利用者の嬉しいこと、楽しいことを動作一つで感じながら心配りできるように、目線や言葉遣いも体に馴染ませていきたいです。これまで、完璧にできたと思えることは一度もありませんでした。だから、学ぶことは永遠です。現場にいて、一人でも多くの方に「あなたにやってもらってよかった、安心ね!」と言ってもらえるようにすることを日々目指して頑張っていきたいと思います。