最期まで寄り添いいい人生で終えて頂きたいという想いで選んだ高齢者福祉の仕事

桜町聖ヨハネホーム
伊東裕子

私は、人と深く関わることがしたいと思い、大学で福祉学を専攻して、福祉の仕事に就きたいと思いました。一言に福祉と言っても、大きく高齢者・児童・障がい者を対象とした分野があるので、自分が何に取り組んでみたいかを考えるために、すべての分野でボランティアを経験しました。そして、高齢者福祉に関わることに決めました。それは、残り少ない時間を家族以外の人が関わることができるとても重要な仕事であること、最後の時まで寄り添い、いい人生で終えて頂きたいという想いを持つことができたのが動機でした。しかし、実際に仕事を始めた頃は、学生時代にしてきた勉強と介護現場の違いを痛感させられました。まずは、しっかりと基本的なことを身につけないといけないと思いました。ご利用者様の気持ち、家族背景、健康状態などその人の事情や希望などに対して何が適切かを考えられるような知識の習得です。そして、それを実行しながら経験を積むということを意識しました。例えば、認知症の方とも話したことがなかったので、関わりの難しさを感じたことは否めませんが、関わり方を身につけたい、学びたいと意欲的に取り組んでいたことが思い出されます。

その人らしく過ごせるようにできるかをみんなで考え、支え、喜びを共有できることが魅力

福祉の仕事の魅力は、やはり連携とチームワークです。介護の現場だけが頑張ってもご利用者様に満足のいくサービスを提供するのは現実的には難しいと思います。私は生活相談員をしていた頃にそれを痛切に感じました。各部署のスタッフ、医務、介護現場のスタッフ、そして家族がしっかりと話し合い、それぞれの役割を果たし、ご利用者様ができるだけその人らしく過ごせるようにと考え、支え、喜びを共有できた時は本当にやりがいを感じました。その他、ご利用者様やその家族の皆さんが穏やかな表情で過ごされているのを見た時や、どんなに小さな希望でも叶えてあげることができた時は嬉しさを感じました。この仕事をする上で、心掛けていることは、二つあります。一つは、ご利用者様のその時々の気持ちを受け止め、理解しようとすること。もう一つは、職員同士のチームワークを大切にし、風通しの良い職場にすることです。仕事に正解はないので、壁にぶち当たることはありますが、一人で抱え込まず、同期や同僚の職員に相談するようにしています。また、同じように私も相談に乗るようにしています。特に、同期のメンバー同士は仲が良いので、仕事は楽しくできています。

人はそれぞれ違って当たり前だから、しっかり受け止め、寄り添える存在でありたい

このホームで仕事をして1年が経ちますが、ご利用者様をしっかり受け止め、もっとたくさんの引き出しを持てるようになりたいと思います。社会常識、ものの見方、専門的な知識、そして様々な経験・・・です。人に深く関わることがしたいとこの道に進みましたが、やはり、いつでも人に寄り添える自分でありたいと思っています。例えば、他の人にとってちょっと困ったご利用者様がいたとしても、どうにかしないといけないとは考えずに、『この人はその時こう感じたんだ。』と、ありのままを受け止めたいと思っています。私は、人はみんな違って当たり前だと思っています。その人をしっかり観察し、その人らしく生きていくにはどのように支えてあげればいいのかを考えていきたいと思います。こういう経験を積み、引き出しをたくさん持ち、いずれは相談内容を限定しない地域のソーシャルワーカーになって社会貢献をしていきたいと思っています。